このブログを書いているひと

鹿児島高専出身の27歳、住所は地球です。ミニマリストをこじらせて家を解約してしまい、主にアジアを転々とする生活をしています。シンガポール、東京、セブあたりによくいます。 日本の2つの会社に正社員、執行役員として所属しつつフィリピンでスマホアプリ開発会社を立ち上げました。スマホアプリ受託開発をしながら「日本語経済圏を広げる」というビジョンのもと、ITを使った日本語教育の圧倒的なコストダウンに取り組んでいます。セブに日本語教室を設立して、「話せるようになる日本語学習」のカリキュラム研鑽をはじめました。 最近ハマっていることはお金を使い込んで自分を追い込むこと、無作為なスキマ時間での人との交流です。今年中にオフィスを拡張して兼ダレデモウェルカムバーにしてしまうことを企んでいます。

by

フィリピン法人の円口座と米ドル口座のつくりかた【BPIで実践】

フィリピン法人の円口座と米ドル口座を開設する手順を説明します。節々にならではの落とし穴があるので注意が必要です。     フィリピン法人ペソ口座のつくりかた   そもそものフィリピン法人のペソ口座のつくりかたを簡単に説明します。フィリピン法人のつくりかたはこちらで紹介している通りですが、フィリピン法人口座の開設手順は次の通りです。   トレジャラー(財務役)

by

スマホアプリ開発チームをフィリピンで作るならどのポジションから雇うべき?

スマホアプリ開発をフィリピンでこの2年間やってきた経験を元に、チームビルディングのコツをご紹介します。スマホアプリ開発を専門にやっている当社VANANAZは現在2期目で正社員15人、非正規社員を含めると30人近くのチーム規模になります。     フィリピンでのエンジニア採用における考え方の違い   エンジニア採用をフィリピンで行う場合、オンライン広告での募集が一般的で

by

フィリピンで起業して倒産せずにやっていくコツ【スタートアップ編】

1期目の決算も監査も無事終えて、初めてリゼルさんと作ったフィリピン法人経営の全体像が見えてきました。単身セブに来てから、これまでを振り返ります。フィリピン法人のつくりかたはこちらにまとめています。確実に言えることはフィリピンでなく日本で起業していなかったら3回は倒産していたということです。     フィリピンで信頼できるひとを見つける   日本人の知り合いもほとんどい

by

iOSアプリ開発会社をアジアのなかでもなぜセブにつくったのか

iOSアプリ開発会社をアジアのなかでもなぜセブにつくったのか毎回のように聞かれるので記事にしました。きっかけとなったモチベーションはなぜフィリピンに会社をつくったのかにまとめてありますが、3年経って改めて感じたアジアのなかでもセブでiOSアプリ開発をやるメリットをお伝えします。     オフショア企業の日本からの距離と時差の重要性   日本のクライアントが多いオフショ

by

有給時短とインターネット費補助を福利厚生としてはじめました

冷房の効きすぎた部屋で寝て、体がダルい今日この頃です。 耐性がついたのかフィリピンに来て3年で体がだるくなっても風邪はひかなくなりました。     有給時短を使って技術習得の習慣を身につけてもらう   VANANAZでは毎週金曜日に1時間の有給時短を設けて7時間勤務としました。正社員のみならずパートタイムにも適用されます。 この1時間は消えてなくなるわけではなく、代わ

by

話せるようになる日本語教室をセブでオープンしました

    日本語教室で1期生の受け入れを開始   セブに日本語教室をオープンして学生の受け入れを開始しました。すでに1期生の14名が授業を受けています。ここでは通常6ヶ月、計240時間かかるといわれる日本語検定のN4を、4ヶ月、計160時間で合格させられるカリキュラムを作ります。そこからさらに効率化を進めていきます。 カリキュラムの効率化は、日本語教育アプリOrigan

by

日本語教育アプリのOriganaをリリース

    ひらがな・カタカナの手書き練習スマホアプリOrigana   ひらがな・カタカタを手書きして、自分の手書き文字を使ったメッセージをFacebookに投稿できる日本語教育アプリのOriganaをリリースしました。世界中のひとにまずは日本語に興味を持ってもらえると嬉しいです。 アニメや漫画をはじめとする日本の文化的資産をきっかけに、日本語に興味を持つひとが多くいま

by

"サブメーターをつけようね"という言葉の重みを知らなかった

    サブメーターをつけるには配線とブレーカー設置を全部をやり直す必要がある   2019年1月にセブのオフィスを移転しました。現地のパートナー企業のビルの一室を間借りしています。電気代は当社持ちということでオーナーとも話して”サブメーターをつけようね”となった訳です。 部屋ごとに配線も分かれて、それぞれブレーカもあるはずなので日本でもよくあ

by

日本語禁止令が発布されました

    VANANAZは今日より日本語禁止になりました   これまで日本人同士、フィリピン人同士でそれぞれ日本語、ビサヤ語で話していることが多々ありました。それをミーティングでみんなに相談したところ、英語力の向上はみんなにとっていいことだからぜひ英語を使うようにしようとなりました。メンバーが増えていく中で、より円滑なコミュニケーションが取れるようになることを期待してい

by

努力は辛いという固定観念に囚われないようにしたい

“努力=辛い”という固定観念に長年縛られていましたが、”楽しい←努力”と思うほどに救われるという話です。←(左矢印)は”これを後から振り返って”と読みます。好きこそものの上手なれという諺にも通じるところがあるかもしれません。     よくあるサクセスストーリー   歯を食いしばって努力して、苦しさ